山形の染み抜き、洗濯、クリーニングせいの

山形県東根市のクリーニングせいのです。衣類のしみ抜き、靴クリーニングもご相談ください。

靴修理

2012/02/26/

レッドウイング チャッカブーツ ビブラム オールソール

こちらのお品物

持ち主がアメリカ留学時にミネソタ州レッドウイングシティーにて購入した

一品とのことでした。レッドウイングシティーといえば

レッドウイングシューカンパニーの創業の地でありまさに「本場物」ということになります。

   

帰国後、ほとんどはくことも無く、忘れ去られていたそうですが、断捨離生活を機に

押入れの奥から発見されました。若干減ったソールですが、何よりも滑りやすいのが気になったそうです。

確かにクレープソールは雪の上などではほとんどグリップしませんからね、、、

   

なるべく滑りにくいものでとのリクエストで色やパターンはお任せ頂きました。

お勧めしたのはビブラム#1220

ヒール部分が高くなっていないので、大きく履き心地が変わってしまわない事、

色もシューレースやアイレット、コバ部分と同じ茶色があるので現在のソールをミッドソールにしても

色目がそろって違和感が無い事、パターンもアウトドアー系のシューズに採用されいることもあり

グリップも抜群です。

   

若干減っていたかかと部分に部材を足してフラットにしてからオールソールです。

   

今回はソール張替えのみのご注文でした。汚れやにおいが気になる場合は

クリーニングもお勧めしています。

レッドウイングのソール張替えやデザインチェンジ等お気軽にお問い合わせください。

 

 

2012/01/08/

ジョージコックス ローファーのクレープソール交換

ジョージコックスといえばラバーソールが有名ですね。

 

僕も学生の頃から愛用してます。

 

どうしても若い方が履いているイメージがありますが

 

今回お持込になったのは60過ぎのお父さんです。

もう長い間ご愛用の一足です。

ソールは生ゴムのクレープソール。

加水分解してべとついていました。

  

若干履き心地が変わるかの知れないとの事をご了解頂きました。

  

今回は修理のみ。

クリーニングはなしですが、ニュートラルのクリームで保湿とクリーンナップをしてあります。

ジョージコックスに限らず、クラークスなど生ゴムのクレープソールが使われている靴があります。

こちらもお直し可能です。

お気軽にご相談くださ。

2011/11/25/

婦人靴 中敷交換

今回お預かりしたのは婦人パンプスです。

  

中敷は合成皮革のものが多く、古くなってくると加水分解で剥離が起き始めます。

洋服と一緒ですね。さすがにこうなってしまったら履くのも躊躇してしまいますね。

古い中敷をはがします。

  

先日お知らせのコーナーでもご紹介させて頂きましたが、パットとはこの部分です。

中敷をはがす際どうしても一緒にはがれてしまうものや、古くて弾力のないものは

交換になります。今回は再利用可能でしたのでこのまま新しいものを貼ります。

  

これは元から土踏まずが付いているタイプですが、付いていないものにつけることも可能です。

洋服のファスナーなどと一緒ですが、まったく同じ色は用意できないことをご了承いただいております。

 

2011/11/24/

リーガル サンダル ストラップのビラゴム交換

今回お預かりしたのはリーガル製のサンダルです。

こちらのサンダル、ストラップのバックルのところにゴムが付いてます。

伸びてしまってボロボロです。

こちらにはストラップ専用のビラゴムが使われています。

ボロボロのゴムを丁寧にはずします。

  

新しいビラゴムを取り付けます。

    

今回はストラップの革の状態がよかったのできれいに直りましたが

摩擦の多い部分だけに革もボロボロな場合もあります。

状態によって修理内容が変わったり出来ない場合もあります。

ご相談いただければいろいろなご提案をさせて頂きます。

 

 

2011/09/14/

シルバノマッツア ハーフソール&リフト交換

ホームページを見てご来店下さいました。

昔は近所のショッピングスーパーなんかにも鍵、バッグ、靴のお直しなどをやってくれる

チェーン店がテナントで入っていましたが最近はあまり見かけません。

うちも、某スーパーにテナントとして入店していたことがありましたが、お直しなどのいわゆる「手間」

でお代金を頂く商売はあまり利益が上がらないんでしょうね。

近所の某スーパーがリニューアルオープンしたときに、お直しのお店がテナントで入りましたが

営業時間も当初より短くなったり、数名いたスタッフが一人になったりと、なかなかうまくいかないようです。

前置きが長くなりましたが、定期的に靴をメンテナンス(ソールの交換、補修)をされる方には

通っていたお店がなくなってしまうことは大変なことなんです。

イタリア シルバノマッツアのウイングチップブーツです。

         

かなり履きこまれてます。メンテナンスも不十分。。。かと思います。

ソールはというと

      

ソールはオールレザーでヒールも革を重ねて作ってあります。

ハーフソールは以前にラバーを張ってありましたが、すれが激しかったので交換をお勧めして、リフトは元と同じように

とのご要望でしたので似たタイプのものに交換です。

      

今回は合わせてクリーニング(丸洗い)もさせて頂きました。

磨いて完成です。

ひび割れに色を入れたので以前より目立たなくなったと思います。

   

お客様が取りにいらっしゃるまでシューキーパーにかけておきます。

たまに裏返して見て下さい。思ったより減ってたりするものですよ?

処置が早いと安価でお直しできます。

「こんなの直せますか?」

のような相談は大歓迎ですよ!

2011/09/07/

ジョンストン&マーフィー ソール交換

今回ご依頼いただいたのは、私が個人的にとてもお世話になった商工会の方。

古着リメイクエコバッグで経営革新の認証を頂く際に、いろいろとご指導頂いた職員の方です。

今は東根にはいないのですが、商売の様子を気にかけてくださるので、当店に立ち寄ってくれることがあります。

現在の状況などなどを話しているうちに

「靴の修理はじめたんだね~」 な会話に。

上から見るとそうでもありませんでしたが、脱いでもらって底を見ると。。。

後日お持ちくださるとの事でお帰りになりました。

ジョンストン&マーフィー のストレートチップ。

          

ソールは穴が開いて、トウの部分は欠けてしまっています。

ヒールの減りも激しいです。

ビジネスユースとの事でしたので、レザーのソールではなく減りにくく雨にも強いソールをお勧めいたしました。

       

磨きを入れて完了です。

このパターンのもの、ダイナイトが有名ですが、ビブラムでも同じようなパターンがあります。

今回はオールソール交換でしたが、状態によっていろいろな修理法方位がございます。

レザーのソールの穴あきでお困りの方、雨の日のすべりでお困りの方、お気軽ににご相談ください。

2011/02/20/

ビジネスシューズ 縫い目ほつれ直し

お客様は学校の先生。

修学旅行にとおもとめになった靴でした。

徒歩移動が多い旅行です。お選びになった靴も柔らかい素材に
スニーカーライクなソールのものです。

足に負担をかけない最適なチョイスですね。

ところが、旅行が終わる頃には、、、

  

歩く際に一番反りの多い部分の縫い目が開いてしまいました。
原因は...
縫い方が悪かったんでしょうね、たぶん。。。

このような縫い目が開いてしまったものでも縫い直す事が可能です。

  

全く同じ色の糸でのお直しは出来ない場合があります。

こちらの場合も多少色が違います。

靴の修理の事は山形県東根市 クリーニングせいのまでお気軽にご相談下さい。

2011/02/07/

グッチ ビットローファー ハーフソールとリフト交換

前回靴の丸洗いでご紹介した

グッチのビットローファーですが、ビジネスメインにお使いとの事で
ハーフソールと減っていたリフトの交換をさせて頂きました。

  

レザーのソールはビジネスユースにはちょっと厳しいかもですね。

  

リフトには色々なパターンがあります。
今回はお客様が特にこだわらないとの事でしたのでお任せ頂きました。

ご希望であれば、元と同じようなお直しも可能です。

もともと上質な革が使われた靴です。お手入れ次第では長くお使いいただけます。

靴の修理は山形県東根市クリーニングせいのまでお気軽にお問い合わせ下さい。

2011/02/02/

リーガル ヒール リフト交換

靴の修理で一番多いリフトの交換。

クリーニングの染み抜きもそうですが、気になったら早めにといのは

靴も一緒ですね。

  

減り具合はこんな感じです。

    

左右で違いますが、ダメージはトップの部分だけなので簡単に安く直す事が出来ます。

  

ダメージがヒール本体まで達してしまうと、修正が必要な分料金が割高になります。

一度あなた様のヒールをご確認下さいね。

ヒールのリフト交換は クリーニングせいのまで。

お問い合わせお持ちしております。

2011/01/31/

クラークス ソール剥がれ 張りなおし

新しく始めました靴の修理ですが

毎日のように依頼品が持ち込まれます。

どうしても出来ない修理というのもございますが

お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

お問い合わせメールは こちら  まで。

さて、今回ご紹介するのはクラークスのソールの剥がれです。

  

現行品のサルタンサンに似てますが、インソールにはワラビーの文字。
ソールはビブラムです。

  

固い革のソールにビブラムのソールを接着した作り。
接着剤が粉を吹いたように劣化しています。ちょっと引いただけで簡単に剥がれました。

接着剤や、ゴムのソールは時間とともに劣化していきます。今回はその典型的な例です。

旧い接着剤を除去後接着します。

ソールも劣化している場合は、新しい物への交換をお勧めしています。
今回はギリギリセーフという事でそのまま使用しました。

  

使用には問題はございませんが新品ではないので、貼り付ける際に多少の隙間やずれが出る場合がございます。

ソールに関するトラブル、お気軽にお問い合わせ下さい。

靴のお直しは 山形県東根市 クリーニングせいの 

ページトップへボタン