山形の染み抜き、洗濯、クリーニングせいの

山形県東根市のクリーニングせいのです。衣類のしみ抜き、靴クリーニングもご相談ください。

革靴 ブーツのお手入れ

2012/02/26/

レッドウイング チャッカブーツ ビブラム オールソール

こちらのお品物

持ち主がアメリカ留学時にミネソタ州レッドウイングシティーにて購入した

一品とのことでした。レッドウイングシティーといえば

レッドウイングシューカンパニーの創業の地でありまさに「本場物」ということになります。

   

帰国後、ほとんどはくことも無く、忘れ去られていたそうですが、断捨離生活を機に

押入れの奥から発見されました。若干減ったソールですが、何よりも滑りやすいのが気になったそうです。

確かにクレープソールは雪の上などではほとんどグリップしませんからね、、、

   

なるべく滑りにくいものでとのリクエストで色やパターンはお任せ頂きました。

お勧めしたのはビブラム#1220

ヒール部分が高くなっていないので、大きく履き心地が変わってしまわない事、

色もシューレースやアイレット、コバ部分と同じ茶色があるので現在のソールをミッドソールにしても

色目がそろって違和感が無い事、パターンもアウトドアー系のシューズに採用されいることもあり

グリップも抜群です。

   

若干減っていたかかと部分に部材を足してフラットにしてからオールソールです。

   

今回はソール張替えのみのご注文でした。汚れやにおいが気になる場合は

クリーニングもお勧めしています。

レッドウイングのソール張替えやデザインチェンジ等お気軽にお問い合わせください。

 

 

2012/01/17/

コードウェイナー ウイングチップシューズのクリーニング

洋服もそうですが、生地の色によってシミが目立つもの、目立たないものがあります。

スペインブランド、コードウェイナーのウイングチップシューズです。

今回のこの靴は、シミがとっても目立つパターンです。

    

ヌメ革のような感じのこの靴。輪郭がくっきりとしたシミがあります。ソールもレザーでボロボロでした。

この後オールソールもするのですが、直す前にクリーニングしてしまいます。

しみをなるべく取ってほしいとの事。

ただ、やってみないとなんとも返事のしようがないのが本音です。

「最大限度力します!」

との事でお預かりいたしました。

    

シミの部分には前処理します。3枚目のすすぎの時点できれいになったように感じました。

乾燥後の画像です。思ったよりシミが取れて僕自身ちょっと驚きました。

といいますかとっても気分いいです。。。

    

若干油分を補給して磨いて完成です。

この後オールソールの修理に入りました。

これだけきれいになると、お客様の反応もかなりのものです。

気に入ってた靴がよみがえる。お客様だけでなく、僕やうちのスタッフにとってもうれしいことです。

2012/01/08/

ジョージコックス ローファーのクレープソール交換

ジョージコックスといえばラバーソールが有名ですね。

 

僕も学生の頃から愛用してます。

 

どうしても若い方が履いているイメージがありますが

 

今回お持込になったのは60過ぎのお父さんです。

もう長い間ご愛用の一足です。

ソールは生ゴムのクレープソール。

加水分解してべとついていました。

  

若干履き心地が変わるかの知れないとの事をご了解頂きました。

  

今回は修理のみ。

クリーニングはなしですが、ニュートラルのクリームで保湿とクリーンナップをしてあります。

ジョージコックスに限らず、クラークスなど生ゴムのクレープソールが使われている靴があります。

こちらもお直し可能です。

お気軽にご相談くださ。

2011/11/25/

婦人靴 中敷交換

今回お預かりしたのは婦人パンプスです。

  

中敷は合成皮革のものが多く、古くなってくると加水分解で剥離が起き始めます。

洋服と一緒ですね。さすがにこうなってしまったら履くのも躊躇してしまいますね。

古い中敷をはがします。

  

先日お知らせのコーナーでもご紹介させて頂きましたが、パットとはこの部分です。

中敷をはがす際どうしても一緒にはがれてしまうものや、古くて弾力のないものは

交換になります。今回は再利用可能でしたのでこのまま新しいものを貼ります。

  

これは元から土踏まずが付いているタイプですが、付いていないものにつけることも可能です。

洋服のファスナーなどと一緒ですが、まったく同じ色は用意できないことをご了承いただいております。

 

2011/11/24/

リーガル サンダル ストラップのビラゴム交換

今回お預かりしたのはリーガル製のサンダルです。

こちらのサンダル、ストラップのバックルのところにゴムが付いてます。

伸びてしまってボロボロです。

こちらにはストラップ専用のビラゴムが使われています。

ボロボロのゴムを丁寧にはずします。

  

新しいビラゴムを取り付けます。

    

今回はストラップの革の状態がよかったのできれいに直りましたが

摩擦の多い部分だけに革もボロボロな場合もあります。

状態によって修理内容が変わったり出来ない場合もあります。

ご相談いただければいろいろなご提案をさせて頂きます。

 

 

2011/09/26/

ダナー エクスプローラーのクリーニング【丸洗い】

これ

実は私のものです。

現在は廃盤?なんでしょうか??
当時は赤いスエードのものもありましたが名前が違ったかもしれないですね。

このエクスプローラーは24、5才のときに購入して以来ソールも2回張替えてあります。
茶色のオイルレザーにグリーンのスエードの組み合わせがとってもアメリカな感じがして
釣りに行ったりフライトジャケットなんかとの愛称もよかったので街中でもほんとに出番の多い靴でしたが
最近はほぼ放置状態で勿体無いなと思いつつスルーしていました。

クリーニング店に生まれて人一倍クリーニングに近いいところで育ってきたのですが。。。

基本的にメンテナンスは洋服についてもお客様のものが優先されるわけで、
営業で着るYシャツやズボンなどを除いて自分や家族のものは「後回し」的扱いを受けます。

お客様のダナーを預かる以前に自分のダナーライトやマウンテンライトを丸洗いしましたが
この靴が残っていたんですね。

         

まったくのノーメンテではなかったのですが、それなりにくたびれ感はありますね。
「いい味」といいますか、でもちょっとパサツキぎみです。

   

ほこりを取って染みのひどいところには前処理します。後はブラシで洗います。

         

最後に保湿と磨きです。適度なつやも出ます。

今回はサイドにスエードが使われているので白けた色を色調回復剤で落ち着かせます。

   

色をつけるわけではないので新品のようには行きませんが、発色はよくなります。

アウトドアシューズはちゃんとメンテナンスしていれば一生物です。

足になじんだ靴って疲れないんですよね。

きれいになってまたはきたい気分になりました。今年は出番が増えそうな感じです。

今回のアッパーがオイルレザーのもの(マウンテンライトなど)や、オイルヌバック(ライトⅡやケブラーライトなど)も洗えます。

是非ご相談ください。

2011/09/23/

スエードブーツのクリーニング

ちょっと前までは毎日30度を越えていましたが、数日前の台風の通過でとたんに肌寒い位の気温になってしまいました。

私の住んでいる東根市は果樹やお米などにも特に被害もなく安心しておりますが

震災の被災地や大雨による災害にあわれた方へ心よりお見舞い申し上げます。

さて

9月もまもなく終わりです。

あと2ヶ月もすると雪の季節になってしまうんですね。

洋服の衣替えもそうですが、靴の衣替えの準備もそろそろです。

今回お預かりのこのブーツ。

ライナーが付いた冬用の婦人物のブーツです。

雪の日に1度だけ履いたとの事でしたが、くっきり白いしみが浮き上がっています。

      

塩が吹いた、そんな感じです。ブラッシングしてみましたが取れませんので丸洗いをさせて頂くことになりました。

スエードはクリーニングにより風合いが変わるものもあります。

今回のブーツは目立った変化はありませんでした。

      

完璧にしみは取れました。

水がしみこむと染みになりやすいようなので、撥水スプレーをして納品させて頂きました。

色の薄いものでしたらあまり目立たないのかもしれませんが、スエードブーツの染みでお困りの方

お気軽にお問い合わせください!

2011/09/14/

シルバノマッツア ハーフソール&リフト交換

ホームページを見てご来店下さいました。

昔は近所のショッピングスーパーなんかにも鍵、バッグ、靴のお直しなどをやってくれる

チェーン店がテナントで入っていましたが最近はあまり見かけません。

うちも、某スーパーにテナントとして入店していたことがありましたが、お直しなどのいわゆる「手間」

でお代金を頂く商売はあまり利益が上がらないんでしょうね。

近所の某スーパーがリニューアルオープンしたときに、お直しのお店がテナントで入りましたが

営業時間も当初より短くなったり、数名いたスタッフが一人になったりと、なかなかうまくいかないようです。

前置きが長くなりましたが、定期的に靴をメンテナンス(ソールの交換、補修)をされる方には

通っていたお店がなくなってしまうことは大変なことなんです。

イタリア シルバノマッツアのウイングチップブーツです。

         

かなり履きこまれてます。メンテナンスも不十分。。。かと思います。

ソールはというと

      

ソールはオールレザーでヒールも革を重ねて作ってあります。

ハーフソールは以前にラバーを張ってありましたが、すれが激しかったので交換をお勧めして、リフトは元と同じように

とのご要望でしたので似たタイプのものに交換です。

      

今回は合わせてクリーニング(丸洗い)もさせて頂きました。

磨いて完成です。

ひび割れに色を入れたので以前より目立たなくなったと思います。

   

お客様が取りにいらっしゃるまでシューキーパーにかけておきます。

たまに裏返して見て下さい。思ったより減ってたりするものですよ?

処置が早いと安価でお直しできます。

「こんなの直せますか?」

のような相談は大歓迎ですよ!

2011/09/07/

ジョンストン&マーフィー ソール交換

今回ご依頼いただいたのは、私が個人的にとてもお世話になった商工会の方。

古着リメイクエコバッグで経営革新の認証を頂く際に、いろいろとご指導頂いた職員の方です。

今は東根にはいないのですが、商売の様子を気にかけてくださるので、当店に立ち寄ってくれることがあります。

現在の状況などなどを話しているうちに

「靴の修理はじめたんだね~」 な会話に。

上から見るとそうでもありませんでしたが、脱いでもらって底を見ると。。。

後日お持ちくださるとの事でお帰りになりました。

ジョンストン&マーフィー のストレートチップ。

          

ソールは穴が開いて、トウの部分は欠けてしまっています。

ヒールの減りも激しいです。

ビジネスユースとの事でしたので、レザーのソールではなく減りにくく雨にも強いソールをお勧めいたしました。

       

磨きを入れて完了です。

このパターンのもの、ダイナイトが有名ですが、ビブラムでも同じようなパターンがあります。

今回はオールソール交換でしたが、状態によっていろいろな修理法方位がございます。

レザーのソールの穴あきでお困りの方、雨の日のすべりでお困りの方、お気軽ににご相談ください。

2011/02/26/

ダナーライトⅡ 丸洗い クリーニング

すぐれた製品というものは世代を超えて愛され続けます。

こちらのダナーもそんな製品の一つです。

モデルはダナーライトⅡ
ヌバックレザーの物です。

オーナーは釣り好きのお方です。
タウンユースというよりはフィールドユースです。

シューレースを外すと土ぼこりでいっぱいです。

  

勿論油分は抜け切ってパサパサです。
買ってからソールを張り替えた事とシューレースを交換した以外は10数年ノーメンテ!

ヌバックも寝てしまって起毛感がありません。染みもたくさんです。タウンユースだけだったらなかなかここまでは汚れないでしょうね。

ゴミを丁寧に取ってから洗います。染みの部分は前処理を。革の丸洗いは適度な油分を入れながら洗うので、風合いもよくなるんです。

  

ビフォー
    

アフター
      

染みもだいぶ取れましたが起毛感の違いがお分かりいただけますか?

シューレースも交換させていただきました。

ダナー、レッドウイング等のアウトドアー系のブーツなどのクリーニング、丸洗いも
お気軽にご相談くださいね。

  

Next »

ページトップへボタン